第2章 人間の創造

こうして、天と地と、そしてそこに存在するすべての命の創造は終わった。つまりは創造という作業の完成したというわけ。それで、世界の第七日目は、神は安息することにした。この第七日目を祝福し、聖なる日と決めた。だって第七日目は、天地創造という聖なる仕事を終えて安息をとった、神にとって特別な日になったからだ。

天も地も、創造の過程で、概念上は、既に幾つもの世代が存在していた。けれどもこの時点では、まだ木も草も物理的には存在してなくて、目には見えなかった。まだ主なる神が地に雨を降らせていなかったし、地を耕す人間もまだ存在しなかったからだ。しかし今、陸から霧が立ちのぼり、地表全体を潤していた。

主なる神は地を舞うチリを使って「男」を形作った。そしてその鼻孔に、ふっと命の息を吹き込んだ。こうして、男は魂を持つ命となったのだった。
それから主なる神はエデンの東に庭園を用意し、創ったばかりの男をそこに連れてきた。そして今こそ、土の中から全ての木を生えさせた。どの木も目に美しく、そして実の味も素晴らしかった。また、庭園の中心には特別な木を生えさせた。命の木と、善悪についての知恵の木だ。

エデンの外から庭園へは、一本の川が流れていた。庭園から川は四つの支流に分かれた。
第一の支流の名前はピソン川。金の採れるハビラの全土を巡っていた。12ここで採れる金は良質だが、それだけでなく木の樹脂やオニキスも産出された。
第二の支流はギホン川。エチオピアの全土を巡る川だ。
第三の支流はヒデケル川(※訳注:現在のチグリス川)。アッシリアの東に向かって流れている。
第四の支流はユーフラテス川だ。

主なる神が男をエデンの園に連れてきたのは、この庭園を手入れさせ維持することが目的だった。「この庭園の木の実は、ぜんぶ自由に食べていいよ。でも例外がある。善悪についての知恵の木はダメ。知恵の木の実は絶対に食べてはいけないよ。食べたら死んじゃう実だからね」
そして続けて呟いた。「一人というのもかわいそうだよね。アダムのパートナーになる生き物が必要だな」

そこで、主なる神はすべての獣や空の鳥の模型を土で作り、順に見せ、アダムが生き物を何と呼ぶか試してみた。アダムが呼ぶ名前を、その生き物の名前にすることにしたのだ。全ての家畜や空の鳥、獣にアダムがその名をつけた。けれども、どの生き物も自分のパートナーにはできないとアダムは思った。

そこで、主なる神はアダムを深く眠らせた。眠っている間にアダムの肋骨を一本取り、代わりに肉でふさいでおいた。その肋骨から「女」を創り、男の前に連れていった。
アダムは呟いた。「私の骨から創られた骨、そして私の肉から創られた肉が、今目の前にある。この生き物は女(Woman)と名付けます。男(Man)から創られたからです」
男と女は元々は一体だったのだ。これが、男と女が結ばれる運命である所以だ。男は自分の父と母の元を旅立ち、妻と結ばれる運命にあるのだ。

二人とも裸だったが、男も女も恥ずかしくはなかった。

第1章 天地創造

その時、僕は真っ暗な闇にいた。形がない虚無の中。暗い闇に覆われて、海原のように水が広がっていた。その、ただの暗い水の塊の空間にやってきたのが、神族のヤハウェだ。僕は水の表面に、ヤハウェの意思が漂うのをじっと見ていた。

ヤハウェの声がそっと響いた。「光あれ」。するとその通りに、光が現れた。ヤハウェはこっちに気付いてないようだった。現れた光を見て満足げに頷くと、光を集めて、闇と分けた。光のほうを昼、闇のほうを夜と呼んだのだけが聞こえた。

夕暮れを過ぎ、そして朝が来た。ヤハウェの世界の第一日目が終わったのだ。

また神は唱えた。「水の中心には空を存在させてみよう。さあ、分かれてみて」すると今度は大空が現れた。これが、神が空をお創りになった瞬間だ。水はちゃんと上下に分かれたので、上の方の水を天と名付けた。

夕暮れを過ぎ、そして朝が来る。世界の第二日目が終わったのだ。

またも神は唱えた。「下の方の水は、一つに集まってみて。乾いた土が現れるようにね」するとその通りになった。神は、その乾いた土を陸と呼び、水の方は海と呼んだ。

陸と海を見て、神はよしよしと満足。続けて言った。「陸は、草や穀物、そして実のなる木を生み出してみてよ」するとやっぱりその通りになった。陸地には草や穀物や果物が実る木が創られたのだ。神はそれを見て満足した。

夕暮れを過ぎ、そして朝が来る。世界の第三日目が終わったのだ。

さらに神は唱えた。「天の空に光があるといいよね。昼と夜を分けたり、日々や季節や時代の移ろいの道しるべになるといいと思うんだ」するとその通りになった。天の空に二つの光が現れ、陸を照らしたのだ。大きな光が二つできたので、片方の大きい方は昼を司るもの、小さい方は夜を司るものとした。

同じように、星も創られた。神は星を天の空に置き、陸を照らすようにした。昼も夜も司るものとし、闇の中で浮かぶ光にした。このおかげで、闇と光を区別できるだろうと、神は満足した。
夕暮れを過ぎ、そして朝が来る。世界の第四日目が終わったのだ。

神は唱えた。「海も働かないとね。命を持って動く生き物の群れを生み出してよ。空の方は、陸の上を飛び空を駆ける鳥を生み出すんだ」このようにして、神はクジラをはじめとする様々な動く生き物をお創りになった。

海に空に、豊かに生み出された。神はそれを見て満足。全ての生き物を祝福し、言った。「産め、殖えろ。海に空に、満ちるといい」
夕暮れを過ぎ、そして朝が来る。世界の第五日目が終わったのだ。

神は唱えた。「陸にも、生き物を生み出させよう。家畜と、陸を這うものと、獣だ。生き物は皆、それぞれの種ごとに子孫をつくって陸に殖えてゆくようにしよう」すると、もちろんその通りになった。

神が創られたすべての生き物、つまり獣や家畜や陸を這うものは、それぞれその種ごとに殖えていった。神は満足された。

そしてまた唱えた。「僕らと同じ外見の生き物、人間を作ろう。僕らに似てるんだから、海の魚や空の鳥、家畜…地上すべてを支配してもいいことにしよう。陸を這うものだって支配していい」そうして神は、ご自分に似せて人間を創られた。つまり神の形に、男と女を創られたのだ。

神は男と女を祝福し、彼らに言った。「産め、殖えろ、地に満ちるといい。そして、海の魚や地の鳥…地上で動くすべての生き物を治め導くんだよ」さらに続けて言った。「見て。君たちに穀物を与えてあげる。これひとつってわけじゃなくて、地上に生えるすべての穀物をあげるって意味だよ。あと果物の実る木もあげる。これもすべての木を与えてあげるよ。穀物と果物を食べて生きていけるよね。君たちだけっていうのも悪いし、陸の獣や空の鳥、そして陸を這うものにも、食料として青草を与えないとね」すると言わずもがな、その通りになった。

神はご自分が創られた世界を眺め、呟いた。「見なよ、僕が作ったのって良い世界だと思わない?」

夕暮れを過ぎ、そして朝が来る。世界の第六日目が終わったのだ。

 

どーする!?神様のキャラ

最初に決めなきゃいけないことは、神様のキャラでした。神様は自分に似せて男性を創ったので、つまり神様は男性です。というところまではよいのですが。

宗教画であるのは、おじいさん(おっさん?)くらいの感じですね。宗教画を見てついたイメージなのか分かりませんが、私が持っているイメージもそんな感じです。なんかエラそうな人…。


有名すぎるミケランジェロの天井画。ヒゲをはやしたおじいさんですが、ミケランジェロらしくなんか力強い感じなので、実はおっさんかも知れません。

ですが今回、軽い小説を目指して訳(翻訳というほど正確でもなく、意訳というほど創作でもない…はず…)しているので、これまでのイメージとは全く違うものがいいかなーと思いました。

ということで、年のころは中学生くらいの男の子をイメージしてみることにしました。性格はワガママ。まだハッキリ作り切れていないので、そのうち手直しを入れるかもしれませんが、ひとまずこれで進んでみようと思います。